java試験向け参考書

javaを学んでいると、「今、自分の実力はどのくらいあるのだろう」と思っている方もいれば、「転職をするために、資格を取得して武器にしたい」と考えている方もいると思います。やはり、自分のスキルを知るため、第三者の方に自分の実力を知ってもらうためには、資格取得をしていると分かりやすいですよね。

では、java試験向けの参考書について、ご紹介しましょう。まず、javaの試験には種類があるため、自分のレベルに合った試験にチャレンジしていくことが必要。

どういった種類があるかというと…

・java3級
筆記試験での試験となり、javaの基礎やjavaで扱うデータ、演算子、制御文、クラスとメソッド等の知識が必要となります。

・java2級
筆記試験での試験となり、演算子、クラスと継承、変数とメソッド、総称、パッケージ、例外処理、スレッド、クラスライブラリ、アプレット等の知識が必要となります。

・java1級
1級の試験では、実務試験が行われます。テーマプログラムを与えられ、それに対し使用変更を行ったり、使用追加などを行い、プログラム作成を行っていくことになります。

java試験を受ける際には、これらのレベルを理解し、自分のレベルに合った試験から挑んでいくことが必要となります。そのため、勉強を行う際にもレベルに合った参考書を選んでいくことが必要。どの試験も、受験資格などはありませんから、自分のレベルに応じた試験を選んでいくことが大切となります。javaの試験の合格基準は、60パーセント以上の得点率が必要。試験は、4カ所の受験地で開催されていますから、お近くの試験受験地を確認しておくと良いでしょう。試験日時は、毎年6月の上旬から下旬となっていますから、試験に挑む際にはこの日時をチェックしスケジュールを組みながら学んでいくと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です