システムエンジニア

システムエンジニアとは、SEと呼ばれ、コンピュータシステムの設計やシステム開発のプロジェクト管理を行う技術者の事をいいます。
立ち上げたプロジェクトの進行状況を分析したり、どのようなシステムが相応しいのか設計したり、プログラマーという職種で働く人たちを束ね、ソフトウェアの開発プロジェクトを指揮する仕事内容であったり、特にはソフトウェアを組み合わせ、システム全体を構築したりする業務を担当する事もあります。

しかし、どんなにキャリアや知識のあるシステムエンジニアでも、ある程度の規模であると見込めるシステム開発であれば、必ず複数のチーム編成を行い、専門家が集まる中のシステムエンジニアは中心的な役割を担う事になります。

これがシステムエンジニアという職種が意味する役割になります。
また、システムエンジニアの中にはシステム管理エンジニアという分野があり、一旦完成したシステムを放置しておくと不具合が必ずしも発生する為、価値あるシステムを維持管理する中心的役割を果たすのが、システム管理エンジニアになります。

しかしただ管理するだけという訳ではなく、自分以外の人が構築したシステムを読み込んで問題を未然に防ぎ、使い心地やデータの鮮度をどのように維持していくかなど、必要に応じた対応を行っていかなければならない為、かなりの難事業ではないかと思われます。
システムエンジニアを目指そうとお考えであれば、まず開発や管理するシステムの環境について資格を持っている事が不可欠になるでしょう。

例えばマイクロソフトのMCPやオラクルマスターなどのベンダー系資格になります。
もしくは、ソフトウェア開発技術者やアプリケーションエンジニア、テクニカルエンジニアなどの国家資格があれば、高い評価とともに仕事にもすぐに活かす事も十分可能ですし、何より就職や転職の際に強い味方となる事は間違いありません。

需要が高いIT業界ですが、その分求人は数多く存在しますので、より良い待遇や仕事内容を求めて転職する人も多いのが現状なようです。
今回は、エンジニアの転職に関するサイトを見つけました。詳細はこちらをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です